間食上手になりましょう。

間食はダイエットのパートナー!?

ダイエットには間食は大敵だと思っている人は多いですよね。
でもお腹が空いたのを我慢してイライラするのはストレスになります。
食事の時間まで我慢して、待ってましたとばかりにご飯をたっぷり頂くと、エネルギーを必要としている体はたくさんのカロリーを吸収してしまいます。

せっかくダイエットのために間食を我慢したのにそれでは我慢し損です。

 

だから、お腹が空いたら間食しましょう!

 

ダイエットに間食が大敵だという考え方は、間食に何を頂くかということに問題があるようですね。
例えば、ケーキ、クッキー、アイスクリームなど甘いお菓子をたくさん食べてしまうことはもちろん厳禁です。
甘くて美味しい食べ物は、糖分はたっぷり入っているのですが、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素がほとんど入っていないのです。
美味しくて心は満たされますが、体にはあまりいい物ではありませんね。

 

では、間食にどのような物を頂いたらいいのでしょう!?
このサイトでは、ダイエットのサポートになる間食の方法を紹介しますね!

 

 

そのまえに、いつ間食をするのが一番太りにくいのかという点についてまとめました。
是非参考にしてください!

 

おやつは3時

昔から「おやつは3時」だと言われていますよね。
実は、これには根拠があるんですよ。
そこには、<BMAL1(ビーマルワン)>というたんぱく質が重要な意味を持っているのですが、この言葉をご存知ですか!?
BMAL1とは、別名「脂肪蓄積たんぱく質」と言われている物質で、私達の生活リズムを調整しているたんぱく質の1種なんです。
BMAL1は、私達の体内に存在しているのですが、時間帯によって分泌する量が変わってきます。
簡単に言うと、BMAL1が多い時は、脂肪が蓄積されやすい時で、BMAL1が少ないときは脂肪として蓄積されにくい時になります。
もうお分かりのように、BMAL1が少ない時間帯に間食をすることで脂肪として蓄積されるのを避けることができるのですね。
では、BMAL1が少ない時間帯はいつかというと、午後3時頃なんです。
基本的に、BMAL1の分泌量はお昼時には少なくて、夜になると増える傾向があります。

午後10時以降の間食は厳禁

逆に、午後10時以降はBMAL1が急激に増える時間帯になります。
3時のおやつ時間のBMAL1と比較すると、午後10時以降は約20倍もBMAL1が増えるんですよ!
つまり、20倍脂肪として蓄積されると言うことです。
これを聞いたらもう怖くて午後10時以降の間食は出来なくなりますよね。
絶対にやめましょう。

 

食後のデザートは良くない!?

食後にはデザートを食べたくなりますよね。
ランチセットやコースメニューでもデザートはつきものです。
でも、一度に大量のカロリーを摂取すると、消化しきれずに脂肪として蓄積されてしまいます。
付き合いなどでどうしても断れないときは、食後のデザートにはケーキなどのカロリーが高いものは控えてゼリーなどカロリーが低めのものにしましょう。

 

食べ続けは厳禁ですよ!

いくらお昼時に間食すると太りにくいとは言え、絶えず食べ続けているとインスリンが分泌され続けて満腹感を感じにくくなってしまいます。